Archive for the ‘賢い暮らし’ Category

自宅のリフォームをする時に借りることのできるローン

家のリフォームを思い立ったとしても、お金が足りないという人は多いようです。リフォームの規模にもよりますが、キッチンやトイレ、風呂場などの水回りだと設備代金の負担も大きなものです。

場合によっては、マンションの全ての部屋をリフォームしたいということもあり、かなりの金額になってしまいます。大規模なリフォームをする時には、やはりローンを利用してお金を借りるというケースが多いようです。

一般的に、家に関連するローンは購入時の住宅ローンが主になります。そのためリフォームをする際にローンが利用できることを知らない人もいるようです。

最近は、金融会社が様々な金融サービスを展開しているため、マンションでも、住居でも、リフォームにはリフォームローンが使えます。通常、ローンには担保型と無担保型がありますが、リフォームローンの場合は担保型の方が低金利で長期的に借り入れることができるので非常にお得です。

担保の内容にもよりますが、まとまった金額の借り入れも可能になりますので、新しく家を買えるくらいのお金も融資が受けられます。また金利も固定型と変動型などの選択もできるようになっており、自由度が高いのも大きな特徴です。

リフォームの予定があるのであれば、ぜひ活用してお金の負担を少しでも軽くしましょう。いずれにしてもリフォームローンを借り入れる場合には必ずローンを比較して最もお得な融資方法を選択することが大切です。

リフォームの費用は住宅ローンが利用できる

家をリフォームしたい時にお金を借りる場合、どのようなローンを組むのがお得なのでしょうか。住居をリフォームする時に使うローンは、家を買う時の住宅ローンよりも、高金利なことが多いようです。

利用限度額が低いこと、担保なしで融資が受けられることが、金利が高く設定されている理由です。住宅ローン同様の金利でリフォームに必要な資金を調達したいという人は、住宅ローン融資を受けて、リフォームを行うといいいでしょう。

リフォームの必要な家を買う際は、住宅ローンの借り入れ金にリフォーム費用も組み込みましょう。リフォームに必要なお金を、住宅ローンの一分として加算することができれば、住宅ローンの金利でリフォームができるわけです。

別々に借りるのではなく、借入先をまとめることができるのも、いろいろな事務処理の手間が省けてとても助かります。現在暮らしている家を、新しくリフォームしたいという人は、リフォーム減税について検討するといいでしょう。

リフォーム減税を行うことで、住居のバリアフリー化や、省エネ化、耐震工事などを、少ない負担額で行うことができるというものです。贈与税を非課税にできたり、固定資産税を減らすことができたり、所得税を低く抑えることができるようになります。

あらかじめ定められた内容に従ってリフォームをすることで、リフォーム減税が使えるようになります。暮らしやすい環境を手に入れるために、リフォームローンや、リフォーム減税を賢く使いたいものです。

住宅ローンは金利だけでなくタイプの確認も必要

住宅ローンを選ぶ際に低金利であるという理由で選択すると後になって返済に苦労する場合もあります。家は一生の買い物にもなりますので、手持ち資金を補うために住宅ローンを使う人が大勢います。

住宅ローンは、手持ちの資金だけで家を買えない場合、金融会社から融資を受けて資金を調達するという方法です。そんな住宅ローンですが、長い間支払い続けるということもあり、低金利であることが第一条件であると考える方も少なくないでしょう。

少しでも低い金利で借り入れることができれば、利息が減額できますので、とても大事なことです。住宅ローンの金利は、大別すると二種類です。設定した金利が最後まで変わらないタイプと、最初の何年間かが経過すると金利が変わるタイプです。

ほかにも短いスパンで変動していく、変動金利型というタイプの金利もあるので、違いをしっかり理解しておく必要があります。一番低金利の住宅ローンを利用したいという人は、変動金利制を選ぶことになります。

ですが、変動金利制の住宅ローンにはリスクがあることも理解し、それでも構わないか考えましょう。住宅ローンの融資を受ける時に変動金利型を選んでおけば、当面の金利は低いままでいられます。

しかし10年後、15年後にどうなっているかは分かりません。金利が上がればそれだけ返済すべき金額も上がってしまいますから、金利が上がった時に収入と支払いのバランスが崩れてしまいます。家計に占める住宅ローンの返済額のバランスは、余裕を持って返済できていればいいですが、そうでなければ返済が行き詰まる人もいます。

低金利であることは住宅ローン選びでとても重要なことですが、返済計画を具体的に立てることも大事です。

政策によって低金利になっている住宅ローン

現在の日本は政策の下で日本銀行が緩和政策を進めており、住宅ローンは低金利の時代に突入しています。住居を買う時には、かなり高額のお金を動かすことになります。そのため、金利のちょっとした差が、利息に大きく関わります。

当然ですが、長期間にわたって支払っていく住宅ローンは低金利であればあるほど、返済の総額を大きく減らせることができます。ローンを使う側からしてみれば、低金利で融資を受けられたほうが望ましいわけです。

金利が高いと短期間で利息が膨らみますので、返済負担が大きくなります。住宅ローンを利用するなら低金利の今が好機です。家を購入する予定のある人は、政府が主導して低金利になっている住宅ローンを利用するのは、絶好のチャンスと言えます。

銀行の中には住宅ローンの借り換えをすれば、さらに金利が安くなるサービスを提供しているところもあります。もう別の金融会社の住宅ローンを利用しているという人も、借り換えによって返済条件を変えてみてはどうでしょう。

ネットでは自宅から簡単に金利の比較や返済趣味レーション、そしてローンの申し込みまでできるようになっています。低金利時代が長く続いていますが、各金融機関によって、住宅ローンの金利設定は少しずつ違っています。

低金利で融資を受けることができれば、返済総額を少なくすることができるようになります。これから住宅ローンの申し込みを検討している人は、それぞれの銀行が設定している住宅ローンの金利を比較することをおすすめします。

住宅ローンは低金利であればあるほど利息が少なくなり、返済の負担が軽くなります。住宅ローンは高額な融資になりますので決断には勇気がいりますが、低金利の今はとても借りやすい時期だといいます。

少なからずの人が、住宅ローンを初めて借り入れます。住宅ローンは生きているうちにそう何度もするものではありません。今まで住宅ローンを申し込んだことがないという人は、何から何まで手探り状態でしょう。住宅ローンには色々な種類があるため、しっかり情報収集をして比較検討することが大切です。住宅ローンを選ぶ時には、できるだけ低い金利で借りたいと考える人が少なくないのではないでしょうか。

住宅ローンは今やほとんどが低金利であるため、月々の返済金額もかなり低く抑えることが可能となっています。ただ、全く同じ金利設定というわけではなく、金融会社ごとに1%くらいの差が現れているようです。低金利といっても金利がしっかり横並びというわけではありませんので、0.1%くらいは差が生じています。

住宅ローンが他の金融商品と大きく異なる部分として、借り入れ金が数千万、返済期間も2、30年にもなることです。1パーセント以下の違いだとしても、住宅ローンの場合は返済総額を計算すると大きな差になってきます。住宅ローンを選ぶ時は、ついいつも利用している銀行など身近なところから借りがちですが、じっくり検討してみるべきでしょう。